胃の病気の原因・ピロリ菌は除菌できる

胃の病気の原因・ピロリ菌は除菌できる 胃の痛み・炎症を引き起こすピロリ菌は、いまでは多くの人に知られている名称ですが、オーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルにより発見されたのは1983年、最近のことです。
日本では、某胃の治療薬のCMで、その名前が知られるようになりました。
ピロリ菌は食べ物や飲み物から感染しやすく、日本では下水道がまだ普及していない、井戸水などで育った現在の中高年に感染率が高いことがわかっています。
ピロリ菌は慢性胃炎、胃潰瘍の原因であるだけではなく、その存在により、胃がんの発生率を数十倍に跳ね上げます。
胃液の中でも存在できるのですから、とても生命力が強い菌です。
現在では抗生物質と胃酸を抑制する薬で除菌することが可能となりました。
お酒が大好きな方でも、1週間ほどの継続服用で除菌が可能ですから、胃の痛みに耐え続けるよりは除菌をまず先にするべきでしょう。
除菌療法は、2000年に保険適用となりました。
ピロリ菌が存在していても、必ずし病気を発症するとは限りませんが、検査方法はいくつかあります。
胃がん予防のために、中高年の方、慢性的に胃の不調がある方は検査をした方が良いでしょう。
ただし、除菌療法は、特定の胃の病気を発症している場合以外は保険適用とはなりませんので、治療のタイミングを専門医に相談すると良いでしょう。
リスクと費用を測りにかけ、保険適用がなくても、除菌を選択する方が増えているようです。

ピロリ菌の主な感染経路とは

ピロリ菌とは、胃の中に住みついている細菌のことです。
この菌は毒素を出し、それによって胃の粘膜に炎症を起こさせると言われています。
その炎症が長く続くと、慢性胃炎や萎縮性胃炎、また胃潰瘍などの病気を引き起こすことになります。
ピロリ菌に感染する主な原因は、飲み物や食べ物にあると考えられています。
つまり、経口感染が主な原因となっているのです。
たとえば、上下水道が今のように整備されていない昔は、衛生状態もそれほど良くはなく、普段飲む水も汚染されやすいといった状況にありました。
幼少期にこうした環境で成長したということも原因の一つとなっています。
さらに乳幼児は免疫力が弱いため、十分に気をつけていないと、ピロリ菌に感染してしまうことがあります。
たとえば、親が物を噛み砕いて口移しで子供に食べさせるといった行為は、この面でのリスクを高めることです。
自覚症状のない親が知らないうちに子供に移してしまうことがあるからです。
ピロリ菌は、たいへんしぶとい菌であると言われています。
幼児期に一旦住みついてしまうと、一生住み続け、大人になってから病気を引き起こすこともあります。
それで、この菌を移すことがないよう気をつけるとともに、仮に体内に菌が発見されたとしたら、除菌治療をすることができるでしょう。

健康食品でカラダの問題に立ち向かおう!

ピロリ菌を除菌する対策サプリメントや、ピロリ菌を様々な角度で検証した情報を掲載してます

ピロリ菌 除菌

皆に選ばれているマヌカハニーを大発表

マヌカハニーの比較サイト