ピロリ菌に感染する原因

ピロリ菌に感染する原因 ピロリ菌に感染する原因は、口から入ることによるものです。
経路に関しては、はっきりと分かってはいません。
飲み水や食べ物から体内に入ると考えられています。
井戸からくんだ生水から感染するといったことは過去には考えられましたが、現代は上下水道が整っているため、生水を飲んだからといって感染してしまうことはありません。
また、大人がキスをしたり、コップなどで回し飲みをしたからといって感染するということもないと考えられています。
大人になってから感染するのではなく、五歳以下の幼児期に感染すると考えられていますので、その時期の小さなお子さんに関しては警戒が必要です。
なぜなら幼児期は胃の酸性が弱いため、体内に侵入したピロリ菌が生き延びやすいということが考えられるからです。
五歳以下の小さなお子さんへは、ピロリ菌に感染している大人からの感染の可能性は十分考えられますので、ピロリ菌感染の原因を作らないように接するよう心掛けるとよいです。

胃の不快感があったらピロリ菌を疑おう

最近、食後や食前に胃がもたれたり、不快感を感じる方におすすめなのが「ピロリ菌」の検査です。
ピロリ菌は、慢性胃炎や十二指腸潰瘍、胃潰瘍などの原因と言われています。
消化器内科で簡単に検査することが出来るので、胃の不快感を感じる方は早めに調べてもらうのが良いでしょう。
ピロリ菌の検査には、内視鏡を使用したものと内視鏡を使用しないものの二つに分かれます。
内視鏡を使用しない検査法は、身体への負担もかかりにくく、検査の費用も安くすみます。
ピロリ菌は、一度感染してしますと、除菌しない限り、胃の中に棲み続ける悪い菌ですので、もし、見つかった場合は治療が必要となります。
その場合も、入院や手術などは必要とせず、一週間ほど、抗生物質や胃酸を抑える薬を内服するだけで除菌することが可能です。
胃の不快感を自己判断で放置すると、最悪の場合、癌などに進行してしまうこともありうることもあるので、早めに病院に行き検査してもらいましょう。