ピロリ菌が胃の粘膜を傷つける!

ピロリ菌が胃の粘膜を傷つける! 現代人はストレス社会に生きているので、ストレスによって胃が痛くなることがあります。
ただ、胃の不調の一番多い原因はピロリ菌です。
ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけることによって胃炎になったり胃潰瘍になったり、最悪は胃がんなるリスクが高まります。
胃がんの一番の要因はピロリ菌だといっても過言ではないのです。
そのため胃に不具合があったときには、まずはピロリ菌がいるかどうかの検査をうけたほうがいいです。
検査の方法は昔は胃カメラをやって組織をとることが必要でしたが今は、検査容器に自分の息を吹きかけたり血液検査でもできますので比較的に簡単にできます。
いつも胃が痛いとか粘膜にただれの症状があるという人はすぐにでも、検査をうけたほうがいいです。
検査をうけて、菌がいることがわかったら、すぐに除菌をする必要がありますが、これも1週間程度錠剤をのむことで除菌ができます。
費用も保険適用ですから、比較的安価でできるので安心して治療ができます。

ピロリ菌に感染しても気づかないことが多い

日本人の3人に一人ががんになる時代になっています、その中でも日本人に多いガンは、胃がんです。
なぜ胃がんになるのかは、いろいろな要素がありますが、胃の中にピロリ菌がいることによって胃がんになるリスクは高くなります。
はじめは胃の痛みがあって病院にいって薬を処方されても、一向に治らないとか胃炎や胃潰瘍になっているというのは、別の理由があります。
それがピロリ菌によって引き起こされている可能性があるので、検査をすることが必要です。
また時分では胃の調子が悪くないので感染しているのにまったく気が付かないというケースもあります。
このように気が付かないうちに感染しているときもあるのです。
その後、検査をしてみて気が付くということになります。
ピロリ菌の検査方法はいまは簡単になっています。
昔は胃カメラをやって組織をとることがわかりましたが、いまは簡単な検査でできますし、除菌のやり方も簡単ですので、ぜひ検査をやったほうがいいです。