ピロリ菌は何を餌にして生きているのか

何を餌にして生きているのか ピロリ菌は胃に住み着く悪い細菌で、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など主に胃や十二指腸などの病気を発症させる要因になります。胃が分泌する胃液は金属をも溶かしてしまうほどの強い酸性で、通常の細菌は生息できません。
そのような環境でピロリ菌はどうやってに生息し、いったい何を餌にしているのでしょうか。
ピロリ菌が住み着いているのは胃の粘膜で、粘液の中に潜りこむことで胃酸から逃れています。また、「ウレアーゼ」という酵素を出して胃酸から身を守っています。
この酵素には、胃の中の尿素を分解してアンモニアを作りだすという働きがあります。アルカリ性のアンモニアによって酸性である胃酸が中和されるため、胃の中でも生きていくことが可能なのです。ピロリ菌は活動に必要な栄養の多くを外部に依存しているといわれており、自身が生息している粘膜の層に含まれている成分を餌にして生活していると考えられています。
粘膜の層には糖タンパク質やムチン、コレステロールなど多くの栄養分が含まれているので、生息場所として利用しているのです。

ピロリ菌は加熱をすることで

ピロリ菌に感染しないためには、加熱に弱いピロリ菌なので加熱調理をした食べ物や水を摂ることは大切です。生野菜や果物などを食べるときに、よく洗わないと感染の危険性もあります。
ピロリ菌に感染するのは泥水や井戸水、生の水を飲むとより感染が心配されるといわれるのです。一般的な菌の中には酢で死滅するものもありますがピロリ菌は死滅しないのです。
しかし、熱には弱いので加熱をした物を食べることは安心だと言えます。その加熱の目安としては温度が75℃で1分以上で完全に死滅するとガイドラインではなっています。井戸水を使う場合やキャンプなどで清流の水を使う場合には煮沸をした後に利用すると十分だと思われます。
上下水道がきちんと整備されている日本では菌の感染はあまりありません。以前は日本でも井戸水を使うことが多かったこともあり、菌に感染している人はある程度の年齢の人には多くいます。
再感染をしないためにも煮沸をした水を飲むことが大切です。