ピロリ菌を除去する効果のあるサプリとは

ピロリ菌を除去する効果のあるサプリとは 今の時代、胃の不快感を訴える患者が増えている印象があります。胃の状態を評価する検査には、どんなものがあるでしょうか。
今は胃カメラが主流とされているのは周知のとおりです。
胃の不快感をもたらす原因はさまざまありますが、その中で最近、注目されているのは【ピロリ菌】による障害ではないでしょうか。ピロリ菌により胃痛や胃もたれ、不快感などの症状が続くことが考えられています。そこから胃潰瘍や十二指腸潰瘍などに進展することも報告されています。
今、除菌対策ができるサプリがあるのをご存じでしょうか。注目されているサプリにはアシドフィルス菌が配合されており、これによるピロリ菌の撃退効果が期待されているのです。別の言い方をすれば、【腸内環境を整える効果】といえるかもしれません。
また最近、アシドフィルス菌と、その効果を発揮させるペクチンが配合されているサプリやアシドフィルス菌と乳酸菌が配合されたサプリなども販売されています。
いずれも良い腸内環境をつくる上で必要な組み合わせです。

ピロリ菌に耐性がついてしまう理由

ピロリ菌とは、胃の中に住み着くらせん状の菌で、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こす原因となる菌です。
感染は主に幼児期で、食べ物や飲み物などを経口摂取することによって感染します。
このピロリ菌は、薬で除菌することができます。ところが近年、除菌に失敗するケースが増えてきています。なぜかというと、菌が薬に対する耐性を持ってしまうからです。
この耐性はなぜついてしまうのでしょうか。原因の一つとして、中途半端な除菌があります。
ピロリ菌は、感染していてもなかなか自覚症状が現れにくい菌です。そのため、薬を飲み忘れたり、自己判断で薬の服用をやめてしまうケースがあります。
しかし、目立った症状がなくても、ピロリ菌は胃の中で生きています。完全に除菌するためには、処方された薬を指定された時間通り、毎日しっかり飲み続けることが大切です。
もし除菌ができなかった場合は、違う種類の薬を用いて除菌をしなければならなくなります。
新たな耐性を持つ菌をこれ以上増やさないためにも、除菌は医師の指示に従って行うことが肝心です。